macOS Catalinaクリーンインストール方法

WHAT IS SUMMARY?
  • macOS Catalinaのクリーンインストールは少し厄介。
  • 初期化するには『Macintosh HD - Data』ボリューム要削除。
  • クリーンインストール以外ではシステムボリュームは触らないこと。

初期化にはちょっとひと癖アリ。

macOS Catalinaのクリーンインストールを従来の方法で行うと、内蔵ストレージのボリュームが気持ち悪いことに。そこで、完全に綺麗な状態でクリーンインストールする方法を備忘録として記しておきます。

目的

本記事の目的

macOS Catalina搭載Macを完全にクリーンインストールする。

従来のクリーンインストール方法だと、内蔵ドライブボリュームが2つに分かれたまま。
従来のクリーンインストール方法だと、内蔵ドライブボリュームが2つに分かれたまま。

macOS Catalina搭載Macを従来の方法でクリーンインストールすると、ディスクユーティリティ上で、内蔵ドライブ(HDD・SSD)のボリュームが2つに分かれたまま行われてしまう。
この状態だと、若干ではあるがHDD領域に無駄ができてしまう。特に、Mac売却時や譲渡時にはデータが分断されたボリューム上に残っている可能性もあり、セキュリティー的にも不安が残る。精神衛生上も宜しくない。

ですので、HDDのボリュームを1つ(Macintosh HDだけにする)にして、macOS Catalina搭載Macを完全にクリーンインストールするのが今回の目的。

方法

  • STEP.1
    『macOS復旧』起動

    まず、Macの電源ボタンを押してすぐに、Command(⌘)Rを同時に押下し、『macOS復旧』の画面を起動します。

    macOS復旧画面のイメージ。

    このとき、パスワードを求められることがあるので、求められた場合にはログイン等に利用しているユーザーパスワードを入力します。

  • STEP.2
    『ディスクユーティリティ』起動

    『ディスクユーティリティ』起動。

    『macOSユーティリティ』という画面が表示されたら、ディスクユーティリティを選択します。

  • STEP.3
    ボリュームを削除

    ディスクユーティリティのボリュームが2つある状態。

    ディスクユーティリティ画面を見ると、『内蔵』という部分が、

    • Macintosh HD
    • Macintosh HD - Data

    となっているはず。

    この『Macintosh HD - Data』という部分は、完全にクリーンインストールをしたい場合には不要な内蔵ボリュームになる。これが何なのかは後ほど話すとして、とりあえずはこのパーティションを削除すればよいわけです。

    『Macintosh HD - Data』ボリュームを削除。

    『Macintosh HD - Data』ボリュームを削除するには、

    1. Macintosh HD - Data選択
    2. 消去タブ選択
    3. ボリュームグループを消去選択

    もしくは、

    1. Macintosh HD - Data選択
    2. 消去タブ選択
    3. 消去選択
    4. 左上にある『ボリューム』の-選択 → 削除選択

    とすればよい。

    Macintosh HD - Dataボリュームを消去。

    これで『Macintosh HD - Data』というボリュームは消去されたが、この状態だと精神衛生上良くないので、念のために『Macintosh HD』のデータも消去しておく。

    ここまででディスクユーティリティ上での作業は終了したので、ディスクユーティリティを終了する。

  • STEP.4
    OS再インストール

    macOS Catalinaを再インストール

    『macOSユーティリティ』の画面に戻ったら、macOSを再インストールを選択します。

    従来どおりmacOSの再インストール作業を進める。

    あとは、従来どおりmacOSの再インストール作業を進めるだけ。

    ボリュームが『Macintosh HD』だけになっていたら完了。

    上画像のように、ボリュームが『Macintosh HD』だけになっていたら完了です。

    もし、ボリュームに『Macintosh HD - Data』がある場合には、これまでの手順のどこかで失敗しているので、もう一度ディスクユーティリティに戻って、当該ボリュームを消去をしてみてください。

補足

『Macintosh HD - Data』ボリュームとは?

macOS Mojave以前ではなかったはずの『Macintosh HD - Data』というボリューム。どうやら、macOS CatalinaからOSシステム上の変更(APFSパーティション)がかけられ、新たに作成されたボリュームのようです。

macOS Catalina以降はボリュームが2つになった。
macOS Catalina以降はボリュームが2つになった。

端的に言うと、

  • Macintosh HD:システムボリューム
  • Macintosh HD - Data:ユーザーデータボリューム

という振り分けがなされています。

ディスクユーティリティ上ではボリューム(≒パーティション)が分けられている形ですが、Finder上では両方のボリュームは統合され、『Macintosh HD』の単一ボリュームとして表示されるようになっています。

今回は完全なクリーンインストールをしたかったので、『Macintosh HD - Data』ボリュームを削除しましたが、このパーティション内にはユーザーデータが含まれています。ですので、クリーンインストールをしない場合には、間違ってボリュームを削除しないように注意が必要。基本的には触らないほうがよいボリュームということになりそうです。

総括「これからのmacOSではこの方法が標準になりそう」

総括「これからのmacOSではこの方法が標準になりそう」

macOS CatalinaからMacintosh HDボリュームが2つに分けられているわけですが、これはセキュリティー強化を目的としたアップデート。ですので、これからはクリーンインストールする際、今回の方法で行う必要がありそうです。

Finder上では単一ボリュームのような扱いですが、ディスクユーティリティ上ではしっかり2つのボリュームがあるので、間違って不必要に消去しないように注意したいところです。

編集後記

macOSのクリーンインストール方法とは無関係なのですが、今回はスクリーンショットが撮れなかったので、すべてIllustratorでそれっぽい画像を作る羽目に……。

方法を解説するためのこの記事を書く時間よりも、Illustratorで制作する時間のほうが長くなってしまったのは秘密。どこかで再利用しないと、もったいない…気がする。