macOS CatalinaでAPP展開時に『悪質なソフトウェア〜』と表示される場合の対処方法

WHAT IS SUMMARY?
  • 『悪質なソフトウェア〜』はターミナルでコマンド実行すれば解決。
  • 原因はmacOS Catalinaのセキュリティーレベルの向上。
  • 実行したコマンドは元に戻しておくのがよい。

コマンド1つで解決します。

macOS Catalinaでアプリをインストールしようとすると、『“XX”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。』とアラートが表示され、インストールに失敗することがあります。今回はその対処法の話。

目的

本記事の目的

macOS Catalinaで、すべてのアプリをインストール可能にする。

macOSでは、Mac App Store外のアプリに対してのセキュリティーチェックが厳しく、今回のようなインストールできない問題が出てきます。ですので、すべてのアプリのインストールを許可して解決しようということです。

本問題について
Mac App Store外の一部アプリのインストールができない。
Mac App Store外の一部アプリのインストールができない。

本問題は、Mac App Store外で入手した一部のアプリをインストールしようとしたときに、『“(アプリ名)”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。』と表示され、インストールができないというものです。

macOS Sierraでアプリのインストール許可が厳しくなったのですが、今回のmacOS Catalinaではさらに厳しくなっています。なので、いわゆる野良アプリのインストールができなくて困っている人も多いはず。その解決方法が本記事です。

方法

  • STEP.1
    『ターミナル』を開く

    『ターミナル』を開く。

    まずは、『ターミナル』アプリを開きます。

  • STEP.2
    コマンドを実行

    コマンドを実行。

    ターミナルで以下のコマンドを実行します。

    sudo spctl --master-disable
    

    コマンド実行の際、パスワードを求められることがあります。そのときは、自分のMacのパスワードを入力します。

  • STEP.3
    アプリ実行許可を変更

    アプリ実行許可を変更。

    コマンドを実行すると、『システム環境設定』 → 『セキュリティとプライバシー』 → 『一般』の『ダウンロードしたアプリケーションの実行許可』という欄を、すべてのアプリケーションを許可に変更します。

    これでインストール可能になる。
    これでインストール可能になる。

    これでアプリのインストールが可能になったので、あとはお目当てのアプリケーションを通常どおりインストール作業をすれば完了です。

補足

インストール後は元に戻しておくべき

このmacOSのアプリケーションチェックは、OS標準の『Gatekeeper』という機能で、これによりアプリインストール時のセキュリティーレベルを向上させています。

ですので、当該アプリケーションのインストールが完了したら、以下のコマンドをターミナル上で入力し、元に戻しておくことをおすすめします。

sudo spctl --master-enable

総括「セキュリティーに気をつけてインストールしよう」

総括「セキュリティーに気をつけてインストールしよう」

今回解説した方法で、Mac App Store外の開発元が未確認のアプリケーションであっても、Macにインストールすることが可能になります。

ただ、Apple的にはセキュリティーレベルを上げたいので、『“XX”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。』というアラートを出しています。なので、不用意に野良アプリをインストールするのだけは気をつけましょう。

編集後記

実は、今回の現象ですが、Amazonの音楽ストリーミングサービスアプリ『Amazon Music』をインストールする際に引っかかった問題でした。

完全に余談ですが、Amazon Music HDでハイレゾ音質を楽しむためには、Amazon Musicアプリが必須になってきます。ただ、今回の問題が起こっているようにmacOS Catalinaとの相性がまだよくない様子。
紹介した方法はHack的で、万人に勧めるべきでないと思ったりも。ですので、早々にAmazonには対処してほしい問題だったりします。