iMac 5K → MacBook Pro 16″は正解か—真面目にCPUとGPUを比較して考えた

WHAT IS SUMMARY?
  • iMac Retina 5K → MacBook Pro 16″ を比較検討。
  • 吊るしの最上位で16″・15″・5Kをベンチマーク比較。
  • 結局はiMacの『Fusion Drive』を許容できるかどうか。

iMac 5Kか、MacBook Pro 16″か。

新型MacBookこと、『MacBook Pro 16″』が発表された。CPUを除いた基礎スペックの向上。そして、キーボードの改良。…純粋に欲しい。
そこで、すでに所有している『iMac Retina 5K(2019)』から乗り換えるべきか、開発者・デザイナー目線でスペックを眺めながら考えてみます。

MacBook Pro 16″基本概要

MacBook Pro 16″。

主要ポイント
  • ディスプレイ:16″(3,072×1,920・16:10)
  • CPU:Intel Core i9(最大)
  • iGPU:Intel UHD Graphics 630
  • dGPU:AMD Radeon Pro 5500M(最大)
  • RAM:64GB(最大)
  • SSD:8TB(最大)
  • 備考
    • スピーカー:6スピーカーサウンドシステム
    • キーボード:Magic Keyboard(シザー構造)
    • バッテリー:100Wh(最大11時間)

新型『MacBook Pro 16″』の主要なポイントを、箇条書きでまとめると上記のとおり。

MacBook Pro 16″で、ついにキーボード改善された。
MacBook Pro 16″で、ついにキーボード改善された。

最大のトピックは、画面サイズの大型化(15.4″ → 16″)とキーボードの改善(バタフライ構造 → シザー構造)なはず。

ただ、それ以外にも基礎的なスペックが向上しており、ハイエンドなノートパソコンを探している人の注目になっているだろう。このスペックなら、デスクトップ(iMac Retina 5K)の代替に…と私は考えている。

MacBook Pro 16″のスペック
  MacBook Pro 16インチMacBook Pro 16インチ
CPU Intel Core i7(2.6GHz・6コア)
Intel Core i9(2.4GHz・8コア)
Intel Core i9(2.3GHz・8コア)
Intel Core i9(2.4GHz・8コア)
iGPU Intel UHD Graphics 630
dGPU AMD Radeon Pro 5300M(4GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5500M(4GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5500M(8GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5500M(4GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5500M(8GB・GDDR6)
RAM 16GB(2,666MHz・DDR4)
32GB(2,666MHz・DDR4)
64GB(2,666MHz・DDR4)
ROM 512GB(PCIe SSD)
1TB(PCIe SSD)
2TB(PCIe SSD)
4TB(PCIe SSD)
8TB(PCIe SSD)
1TB(PCIe SSD)
2TB(PCIe SSD)
4TB(PCIe SSD)
8TB(PCIe SSD)
画面サイズ 16インチ(16:10)
画面解像度 3,072×1,920(60Hz・226ppi)
インカメラ 720p FaceTime HDカメラ
Wi-Fi Wi-Fi 5(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth Bluetooth 5.0
インターフェース Thunderbolt 3(USB 3.1 Gen. 2) ×4
3.5mmステレオミニ
バッテリー 100Wh(最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧)
サイズ 357.9×245.9×16.2mm
質量 2.0kg
備考 Display P3
True Tone
Touch Bar
Touch ID
Force Touch
Magic Keyboard
6スピーカーサウンドシステム
Dolby Atmos

16″ vs 15″ vs 5K

各Macの吊るしモデル最上位で比較。
各Macの吊るしモデル最上位で比較。
比較対象
  • MacBook Pro 16″
  • MacBook Pro 15″
  • iMac Retina 5K

私的には、iMac Retina 5Kから乗り換え検討ですが、比較対象としてMacBook Pro 15″も入れておきます。

なお、すべて2019年に発売されたモデルで、かつ“吊るしモデル”の最上位(カスタマイズしないモデルで一番上のスペック)で比較しています。

CPU

MacBook Pro 16″
16799
MacBook Pro 15″
16799
iMac Retina 5K
13477
各MacのCPU型番
  • MacBook Pro 16″:Core i9-9980H(2.30GHz・8コア16スレッド)
  • MacBook Pro 15″:Core i9-9980H(2.30GHz・8コア16スレッド)
  • iMac Retina 5K:Core i5-9600K(3.7GHz・6コア6スレッド)

AppleはMac製品のCPUを非公開にしています。なので、メディア各所でそう言われているCPUを比較掲載してます。
なお、データはPassMark SoftwareのCPU Markのベンチマークスコアを参考にしています。

dGPU

MacBook Pro 16″
29230
MacBook Pro 15″
17539
iMac Retina 5K
39147
各MacのdGPU型番
  • MacBook Pro 16″:Radeon Pro 5500M(GDDR5 8GB)
  • MacBook Pro 15″:Radeon Pro 560X(GDDR5 4GB)
  • iMac Retina 5K:Radeon Pro 580X(GDDR5 8GB)

MacBook Pro 16″の吊るし最上位モデルのdGPUは『Radeon Pro 5500M(GDDR5 4GB)』なのですが、データがなくメモリが8GBのモデルを掲載しています。なので、実際のスコアはもう少し下がるでしょう。
なお、データはGeekbench BrowserのOpenCLのベンチマークスコアを参考にしています。

買うべきか・買わないべきか

買うべきか・買わないべきか

個人的には、現在利用中の『iMac Retina 5K(2019)』から乗り換えを検討しているので、先程のベンチマーク結果を踏まえて考えてみたいとする。

まず、CPU結果は、

  • MacBook Pro 16″:勝ち
  • iMac Retina 5K:負け

となった。

最上位といえど、iMac Retina 5Kの吊るし最上位モデルのCPUは『Core i5-9600K』と、何とも言い難いスペック。お世辞にもハイエンドとは言えない。なので、MacBook Pro 16″の『Core i9-9980H』と比較すると、圧倒的なスペック差があった。

そして、dGPU結果は、

  • MacBook Pro 16″:負け
  • iMac Retina 5K:勝ち

となった。

いくらGPUがパワーアップしたとしても、MacBook Pro 16″に採用されているのはモバイル向け。なので、デスクトップに最適化されたチップには負けるという結果に。何とも難しくなってきた。

そういうわけで、個人的な乗り換え結論は…“待ち”とした。

ハードユースにはつらい『Fusion Drive』というハイブリッドHDD。
ハードユースにはつらい『Fusion Drive』というハイブリッドHDD。

ただ、iMac Retina 5Kの最大のデメリットは、吊るしモデルだと『Fusion Drive』という、HDDとSSDのハイブリッドなストレージであること。とにかく、これがIllustratorやPhotoshopを頻繁に使う私的には、かなりの不満だったりする。

CTOでSSDにしてしまうと、かなりお高くなってしまうiMac Retina 5K。ただ、個人的には奮発してSSDにすべきであった。それくらい、Fusion Driveは私のデザイン・コーディング業務には合わなかった。これは本当に後悔。

総括「iMacと併用してMacBook Pro 16″を導入したい」

総括「iMacと併用してMacBook Pro 16″を導入したい」

MacBook Pro 16″とiMac Retina 5Kの比較から考えた総括は、すでにiMac Retina 5Kを持っているなら、それに追加してMacBook Pro 16″を導入するがベター。そう結論づけた。

もちろん、予算的な問題がある。なので、結果的にiMac Retina 5Kを売却するかもしれないが、現時点では“買い増し”がよいと判断したというわけです。

本記事に登場したモノ
  • Apple|MacBook Pro 16″(2019)
  • Apple|MacBook Pro 15″(2019)
  • Apple|iMac Retina 5K(2019)

編集後記

そういえば、2019年は“大きいほう”のMacBook Proが、2回モデルチェンジするという変わった年になったわけだ。

そう。そう考えると、MacBook Pro 15″(2019)を最近購入したユーザーはどう思っているのだろう。MacBook Pro 16″が値下がりして出たので、売却もなかなかに難しそう。バタフライ構造キーボードも含め、なかなかにユーザー泣かせな15″であった。