Haptic Touchと3D Touchの発動ラグの検証と結果

WHAT IS SUMMARY?
  • Haptic Touchは3D Touch比で数コマ発動が遅い。
  • 発動ラグは比較して体感できる数値。
  • 今後のアップデート次第で改善はあるはず。

意外と気になるラグ。

先日、iPhone XSからiPhone 11 Proに乗り換え完了。それと同時に、『3D Touch』(強押し)から『Haptic Touch』(長押し)に変わった。そこで感じたHaptic Touchの“発動ラグ”について検証してみることに…。

概要

今回の検証をする目的を先に話しておきたい。

iPhone 11は『Haptic Touch』。iPhone XSは『3D Touch』。
iPhone 11は『Haptic Touch』。iPhone XSは『3D Touch』。

現時点での最新のiPhone、つまり『iPhone 11』・『iPhone 11 Pro』・『iPhone 11 Pro Max』の3機種。これらは、従来の『3D Touch』(強押し)から、『Haptic Touch』(長押し)に変更されている。それにより、クイックアクションの発動方法も長押しになった。

そこで気になったのが、3D TouchからHaptic Touchに変更されたことによる、クイックアクション発動までのラグ。これが体感で、発動までの時間が遅くなった気がする。それを今回の比較検証でスッキリと解決したい。それが本検証の目的です。

検証

検証環境

検証環境
  • iPhone 11 Pro:iOS 13.1.1(17A854)
  • iPhone XS:iOS 12.2(16E227)

検証環境については上記のとおり。

iOS 13はリリース当初から細かくアップデートされており、今後は機能について変更が加えられる可能性も大いにある。そこだけご留意をば。なので、あくまで参考値としてどうぞ。

検証方法

『画面収録』機能。
『画面収録』機能。

検証方法としては、iOS標準機能である『画面収録』を利用。

画面収録でスクリーン上の『クイックアクション』の動作を録画。その動画ファイルをフレーム数が10(10/1秒)のGIF画像に変換。そして、クイックアクション発動〜完了までのフレーム数を数え、ラグを検証してみます。

検証結果

前述の方法で、クイックアクション発動〜完了までのコマ数を数えたら、

  • Haptic Touch(iOS 13.1.1):17コマ
  • 3D Touch(iOS 12.2):14コマ

という結果になった。

両者の発動までのコマ数比較。
両者の発動までのコマ数比較。

GIFだけでは分かりづらいので、クイックアクション発動までをコマ送り(10/1秒)で切り出してみた。するとご覧のとおり。

クイックアクション発動完了までのコマ数で比較してみると、

  • Haptic Touch(iOS 13.1.1):10コマ
  • 3D Touch(iOS 12.2):6コマ

という結果になった。

結論

今回の検証における結論。
それは、体感できるくらいHaptic Touchには発動ラグがある。ということだろう。

もちろん、人間の手によって検証した結果なのでブレはあるはず。ただ、それを考慮しても、Haptic Touchのほうが3D Touchに比べて、クイックアクションの発動が遅いということになりそう。

3D Touchの廃止はもはや確定的。なので、今後のiOSアップデートでどこまでチューニングしてくれるか。それが注目ポイントになってくる気がする。
おそらく、このラグは長押しによる誤作動を恐れてのことだと思う。ただ、個人的にはもう少しラグは縮めてもらいたい。もっとキビキビさが欲しくなる。

総括「現時点では3D Touch完全互換とは言いづらい」

総括「現時点では3D Touch完全互換とは言いづらい」

今回の検証を総括すると、3D Touchの後継機能としてのHaptic Touchは、まだまだ完全互換とは言いづらい。

ただ、この発動ラグ意外は、3D Touchと遜色なく利用できると個人的には判断している。なので、今後のアップデート次第で、3D Touchでなくてもよいと思えてくる日が来る。そんな気がするし、そうなってほしい。

本記事に登場したモノ
  • Apple|iPhone 11 Pro
  • Apple|iPhone XS

編集後記

巷で「ダサい」と不評の『iPhone 11 Pro』。
ただ、慣れとは恐ろしいもので、使っているうちに気にならなくなる。そして、むしろカッコよくも見えてくる。

iPhone 11 Proのトリプルレンズを見てから、iPhone XSのデュアルレンズを見る。すると、iPhone XSが前時代的に感じる。とどのつまり、レンズ周りのデザインは、思っている以上に気にする要素ではなかった。そういうこと。そして、人間の慣れとは恐ろしい